玉砂利で防犯対策をして剪定や芝刈りでより快適な住宅作り

豆知識を紹介

知って得する【剪定】豆知識

まずは剪定を行う「時期」についてですが、春や夏の花が咲き実がなる時期には、花や実が落ちた後に剪定を行います。落葉樹の場合、葉が落ちてしまった後の12月〜3月には、大部分の剪定を行っても大丈夫です。常緑樹の場合、冬の寒さには弱い為、3月以降の温かい時期に行うのが良いでしょう。 剪定を行う事で、美しい姿を保ち庭全体のバランスを保ちます。その他には、病害虫を防いだり、日当たりを良くしたりできるメリットがあります。その場合「間引き剪定」を行い、枝が密集した場所を中心に剪定を行います。枝には「内芽」と「外芽」とがあり、外側に伸びた外芽を3センチ程度、剪定する方法もあります。そして開花や結実を促す効果や、老化した枝を剪定する事で、木を若返らせる効果もあります。

【剪定作業】工夫する事で得られるメリットとは

「剪定」作業は、季節や種類によって、作業方法が異なります。そこで剪定作業を行う事で、得られるメリットをご紹介します。庭全体のバランスを保つために、無駄な枝を剪定して美しい形に整えます。老化した枝を剪定する事で、木を若返らせるメリットがあります。 その他には冬の時期等は、枝が密集した場所を剪定する事で、日当たりを良くします。夏の時期等は、風通しを良くするのみならず、台風等で高い木の枝が壁や窓にぶつかるのを避ける為にも、剪定作業を行います。花が咲くタイプの木や、果樹等の実がなるタイプの木でしたら、花や実が落ちた後に剪定作業を行います。松や楓等のダニ・カイガラムシ等の、病害虫を防ぐメリットもあります。

Copyright (c) 2015 玉砂利で防犯対策をして剪定や芝刈りでより快適な住宅作り all reserved.