玉砂利で防犯対策をして剪定や芝刈りでより快適な住宅作り

砂利にかかる費用

まず、防犯砂利の前に単なる砂利の金銭的価値について述べたいと思います。 相場として再生砕石の場合、どこから購入するかによって変わるようです。 20kgあたり2000円から6000円であることが多いです。これは石の質やブランドによって変わることが多いでしょう。全体的にサイズ、用途による価格変動が多いです。玉砂利だからと言って高いこともなければ色が派手であるからと言って必ずしも高級であることはないようです。これを踏まえて、防犯砂利の価格を述べると、10kgあたり2000円が相場のようです。通常の砂利の約2倍ほどします。 防犯砂利の需要はやはり踏んだ時の音にあるようです。これが消費者の購入理由になっており、業者もそれに合わせるために改良をしてきているようです。 泥棒が防犯砂利を踏んだときにどれほどの音が出るのか、各業者は焦点を当てているようです。実証動画を公開している会社もあるほどです。

これといった防犯砂利の歴史というものは無いようです。というのは、防犯砂利というものの登場ははごく最近なのです。もちろん、砂利そのものの歴史は大変深いもので、寺院にも石庭というものがあり、砂利がその美しさを物語っています。 もともと、ヨーロッパの方でも、ガーデニングの際に、美しい景観や防犯の目的として割れたレンガの破片などを庭に撒いていた、とのことです。 日本では、防犯砂利という、いわばセキュリティとしての利用はここ10年のものです。 最近ではあらゆる警備会社がありますが、高齢者一人暮らしや一軒家に対してサービスを展開する際には防犯砂利を敷くことを提案したり、警備会社が防犯砂利を販売する傾向が出てきました。足元の番人は今日も私たちの安全を静かに守ってくれています。

Copyright (c) 2015 玉砂利で防犯対策をして剪定や芝刈りでより快適な住宅作り all reserved.